英語で書道についてのイベント、プレゼン 【過程編】

こんにちは☺︎

 

少し前のことですがスウェーデンで書道についてのイベントを行いました!

英語で書道についてプレゼンもしました

ひゃー緊張した

でもとてもいい経験でした、自分が知らなかったこともあったので改めて日本について学べました

 

日本を知る

前年度までの留学報告書を読んでいてよく書かれていたのが、留学先の授業では自分が日本について話せる唯一の人だからきちんと知っておかなければならないということでした

 

私も実際にスウェーデンに来て、授業で日本のことについて歴史や地理、戦争などについて説明してと言われたり普通に日常で友達に聞かれたりしました

そんな細かく知らないよっ!って思う時あるけど、知ってるのが当然なんですよね本来は😇

もっとちゃんと授業を受けていればよかった、、、

日本人は一般的に他の国の人より自国のことを知らないと思います

 

一方文化とかでありがちなのが理由を知らないっていうことです

例えばなんで「いただきます」っていうのか、なんで節分で恵方巻きを決められた方向で静かに食べるのか、実際に聞かれて知らないって答えました😂

 

日本にいたらそれが普通だし、なんも疑問を持たないでいてしまいます

悔しい

日本の文化を広めたいのにそのための知識を持っていないなんて🙁

 

私は色んな国に行ってますが結構日本が好きだし、もっと日本人は誇っていいって考えています

特に留学に行くと周りの人がいつか行きたいって言うし(お世辞かどうかはわからないけど)今まで行って一番良かった国は日本ていう人何人も会って、住みたいって言ってる人にも会いました (言語の関係で諦められましたが😅)

アニメはどこにいっても通じるし日本語わかる人も勉強している人も沢山います

小さな島国なのにこれだけの人に影響を与えています

そもそも日本知らないっていう人に会ったこともないし

もっとたくさんの人に日本について知ってもらいたい

だから今回の留学では日本に関連した何かができたらいいなと考えていました

 

イベントするまでの経緯

 

スウェーデンに着いてしばらくしてからアルバイトをしたいと考えていました

お金が欲しいというより経験を積みたいという意味で

でも外国で自分の拙い英語でできるのか心配だったしここはそもそもスウェーデンで、スウェーデン語無知だし、日本料理店や日本の食材を売ってるスーパーを探していました

 

そんな中見つけたのが抹茶ケーキなどを提供している日本風のカフェ

Facebookで調べていると和菓子のイベントをしたりしていたので、ついでにイベントもできたらいいなって考えていました

 

とりあえず行ってみようと思って、当時仲良くなりかけていたスペイン人の友達と行ってみることに(のちにめちゃくちゃ仲良くなれた☺️)

 

f:id:kanelbulle47:20190226163321j:image

 

とても美味しかったです🥰

抹茶ラテも、抹茶の粉から作っていて甘くなくてとても美味しいんです

 

雰囲気も素敵で、居心地がいいです

こんなところで働けたら素敵だなって

それで帰ってからバイトをしたいとメールを送りました

募集をしてないので断られるのは覚悟だったのですが、返信が全然来なくて読んだのかも分からない状態

とてもモヤモヤしていました

後で調べたら外国ではメールの返信がこないのがほとんどだとのことでした

 

そんなときにそのカフェが和菓子のイベントをもう一度していました

その日は用事があったので行けなかったのですが、写真を見ると大学生の方々がお手伝いをしているのを見つけました👀

 

その時点で2回目の和菓子イベントだったので、メッセンジャーで手伝いたい!っと送りました(日本語でやっていらっしゃったので日本語で送りました)

するとすぐ返事が来てもうしばらくはしないのだとのことでした😢

 

しかしそのとき「是非カフェに遊びに来てください」と書かれていたので、この人はカフェの人なんだ!と思い、メールを送ったけれども見てくれましたか、と連絡すると

私はオーナーさんの友達で、場所を使わせてもらっています。とのことで、

是非一度お話に行かれたらどうですか、今日は午前中なら私もいますよ、と言われて

午前は無理だけど午後行きます!

っと言ってしまいました

 

あれ行かなきゃやばいじゃん

 

直接オーナーさんに採用してって言わなきゃダメじゃん

 

やらかしたーーー😇😇

 

授業終わり、重い足取りでカフェへ向かいました

 

 カフェに入ると二人の店員さんがいました

レジでバイトをしたいんだけど、、、っていきなり言いました笑

ワーホリでバイトを探している人のブログで紙の履歴書を持って行ったらいいって書いてあったから持って行って渡して、、、

 

そしたらバイトは今は受け付けていない

でもお手伝いしてほしいことがある

座って話しましょう

 

そんな感じで席に座ることに、、、

 

そこで聞かされたのは、イベントの運営をしてほしいとのことでした

オーナーさんは折り紙のイベントをしたいけど準備をする時間がないらしくてやってほしいとのこと

私もお金でバイトをするより日本文化を伝えたいという思いが強かったので是非やらせてください!とすぐに返答

その場で大体の日程を決めて、一ヶ月後ぐらいの金曜日、にしました

全部任せるけど、要るものがあったらお店のお金で払うし、広告を作ってくれたらお店のインスタで流すよ、ということに

企画書ができたらお店にメールします、となり解散しました

 

不安と喜びでいっぱいでした

大学とかのイベントで日本のブースで出店するっていうのはよくあるし私自身経験したことがありました

 

でも今回はそれとは異なり、自分で一から全てするから下準備も必要だし、そもそも人が来るかなっていうので不安がいっぱい

しかも参加費を払ってもらう形にしたいとオーナーさんが言ったので、払う価値があったと思ってくれるようなイベントにしないといけない、遊びではないということです

さらにお店の場所を結構大部分に借りてイベントをするから、そういう意味ではお店の売り上げにも関わるからひえええって感じでした

 

でもこんな機会本当に滅多にないと思い、とても嬉しく思いました

 

とりあえず一人ではできないと判断、同じスウェーデンの学校に留学している友達としようと思いました

 

そんなこんなで今もイベントを続けて行っており、今まで4回行いました

次回では私が二回目のイベントとして行った、書道のイベントでどのようなことをしたかをお話ししたいと思っています

 

 

ではまた👋